ツゲイン10(ロゲインジェネリック)ミノキシジル10%

ツゲイン10(ロゲインジェネリック)ミノキシジル10%

ミノキシジル(リアップ/ ロゲイン)

ロニタブ10mg(ミノキシジル10錠)

通販コンポートお薬コラム

発毛・育毛・抜け毛進行予防の定番AGA治療薬です。頭皮に塗布またはスプレーし、強く太く抜けにくい毛髪を育みます。日本では流通していない高用量ミノキシジル10%なので、より高い効果を実感できます。 ツゲイン10とは ツゲイン10は、発毛、育毛および脱毛(抜け毛)の進行を予防するリアップシリーズ(海外ではロゲイン)のジェネリックです。 頭皮に直接使用することで、発毛を促し、毛髪を強く、太く、固くしてくれます。 日本で販売されているリアップは最大でも5%までしか有効成分を配合しておらず、ツゲイン10はその2倍である10%のミノキシジルを含有しているため、圧倒的な発毛効果が期待できます。 1本60ml入りで、1日2回、スプレーあるいはスポイトのアプリケーターを使用して1回1ml使用するので30日(約1ヵ月)分使用可能です。 ツゲイン10は、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。 当ストアでご提供するツゲイン10(ミノキシジル10%)は、Hong Kong Standards and Testing Centre(STC)の成分鑑定を受けておりますので、ご安心してご購入ください。 シプラ社は日本ではあまりなじみがありませんが、世界的に大きなジェネリック医薬品メーカーであり、数多くのジェネリック医薬品を世界中の医療機関に供給しています。 とくにシプラ社はED(勃起不全)治療薬やAGA(男性型脱毛症)の製造・開発を得意とし、悩める男性の強い味方となっています。 ツゲイン10もそんなシプラ社が開発した男性のためのAGA治療薬であり、頭皮に直接使用すれば強力に発毛を促し、若かりし頃の黒々とした美しい髪を取り戻すことができます。 ツゲイン10の効果・効能 壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。 ツゲイン10の有効成分 ツゲイン10の有効成分はミノキシジルです。 1本に日本で販売されているリアップシリーズよりも高用量の10%を含有しています。 ミノキシジルは1960年代にアップジョン社(現在のファイザー社)が開発しました。 もともとミノキシジルは高血圧症の治療薬として開発されていましたが、副作用として発毛効果があることがわかり、それ以降は脱毛症治療薬として使用されるようになりました。 詳しい発毛メカニズムは現在でも判明していませんが、ミノキシジルは頭皮の毛包に直接作用して細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって、発毛効果をあらわすと考えられています。 AGA治療薬として販売されているプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)とは作用メカニズムが異なると考えられているので、一緒に併用することでより強力な相乗効果が得られるとして、ミノキシジル外用液と併用する方も多くいます。 注意点として、ミノキシジルの発毛効果には即効性がないということです。 使用を開始してから効果が出るまでには早い方でも3ヵ月、多くの方では6ヵ月程度かかってしまいます。 効果が出るまで根気強く使用することが強力な効果が得られる秘訣なので、気長にツゲイン10の使用を続けるようにしてください。 ロニタブ10mg(ミノキシジル10錠) リアップ発毛・育毛の主成分ミノキシジルの内服薬です。体内から頭皮にアプローチし、発毛・育毛効果を発揮します。継続的に服用すれば発毛効果を確実に感じられるAGA治療薬です。 ロニタブとは ロニタブはミノキシジルの内服薬であるロニテンのジェネリック薬品です。ミノキシジルはフィナステリド(プロペシア)と共にAGA治療において最も推奨度の高い成分で、医学的に発毛効果が証明されている唯一の有効成分です。 商品詳細 ロニタブは、AGA治療のための内服薬です。 ロニテンと同じ主成分ミノキシジル配合のため、効果や作用はロニテンに準じます。ミノキシジルは本来、高血圧治療のための降圧剤として開発されたため、血管拡張作用があり、副作用としての発毛効果が認められ、AGA治療の外用薬として発売されました。 現在ミノキシジルは、内服薬と外用薬(塗り薬)に分かれており、内服薬の方が作用効率が格段に高いことが特徴です。内服するだけで面倒くさい手間がいらず、血液に乗って体内循環するため、均一に毛乳頭(毛根)が活性化されることで、血行促進や発毛効果が期待できます。 頭皮吸収となる外用薬では、有効成分が皮膚浸透となるので、経口吸収と比較して効果が下がってしまいますし、頭皮の状態(頭皮の皮脂など)による塗りムラ、個々の体温による薬の変化(気化など)が影響して、作用が安定しないことがあります。一方内服薬では、有効成分が血液に吸収され体内から毛根に送られるため効果が高い、作用時間が長いため毛乳頭の代謝が活性化されやすい、毛根に均等へ行き渡る、という利点があります。 AGA治療薬は多数存在しており、それぞれに薬効がありますが、ミノキシジル内服薬が抜きん出ているのは生え際の発毛効果だと言われています。狭い毛穴など外用薬が浸透しにくい部分の毛根を刺激することができ、特にAGAが発症したとき毛髪が後退しやすく、急速に毛穴の収縮が起こりやすい前頭部の生え際でその効果が顕著に表れます。発毛効果のミノキシジルは、薄毛の進行を止めるフィナステリドと併用することで、より大きな効果を発揮することが期待できます! 使用方法 ミノキシジルのAGA治療薬としての用法・用量は確立されておらず、諸説ありますが、スタンダードな使用方法を2通りご説明します。 ひとつめは1日1回、5mgを内服する方法です。こちらは1錠をピルカッターで半分に分割して服用します。一般的にミノキシジルは1日5mgを目安としてスタートしたほうがよいといわれています。 ふたつめは1日2回、2.5mgずつを内服する方法です。1錠10mgの錠剤をピルカッターで1/4に割って服用すると、コストパフォーマンスが上がり経済的です。ただ錠剤が小さいので10mg錠ではあまりお薦めはできません。この服用方法をされる場合は5mg錠を半分に割ってください。 食前でも食後でも内服可能ですが、空腹時の内服は胃に負担がかかりますので、胃腸の弱い方は特に食後に服用すると良いでしょう。 先述の通り、ミノキシジルの内服量は1日2.5〜5mgが一般的といわれています。髪の毛が透けるほど細くなっている状態を除くと、5mgでも充分に毛根の成長と発毛効果が発揮されます。1日10mgの摂取は効果が強くなり髪の毛の成長速度も上がりますが、その分、人によっては体毛の増加や動悸などの副作用を自覚しやすくなる可能性があります。5mgをベースとして考え、症状や状況に応じて増減、調整していくことをおすすめします。 適量は上の通りですが、正式にはミノキシジルは5mg/日からスタートし、20mg(ロニタブ10mgを2錠分)、徐々に調節していけば1日40mg(4錠)まで増やすことができます。服用量を増やす場合には、3〜4日ほど同じ量を続けて様子を見て、問題がなければ、その後1日あたり5〜10mg(半錠〜1錠)ずつの範囲で増やしていくことが可能です。 推奨される用法用量は上記の通りですが、ミノキシジルは最大で1日100mgまで増量して服用することが可能です。ただ、国内のAGA治療クリニックでも、1日10mgの服用を推奨しているところがほとんどですので、増量する場合はご自身の体調や副作用の症状などをみながら慎重にお願いします。 服用開始から数週間経過した頃に、一度初期脱毛が始まります。驚かれるかもしれませんが、古い毛が新しい毛に変わるために抜ける現象です。 服用開始3ヶ月後には毛の入れ替わりが行われ、脱毛が減少してきます。産毛が生え始め、成長すると後退型脱毛やM字脱毛部分に毛根が根付き出します。 効果を自覚できるようになるまでは半年以上の期間が必要です。継続的に内服することで、抜け毛の減少と発毛効果を実感できるようになります。 効果の実感は段階的であり、手の甲や腕の毛→頬や背中の毛→眉毛、こめかみの産毛(服用開始3〜6週間後が目安)→最後に髪の毛という順番で増加していきます。これはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)とDHTの産生に必要な5α還元酵素が頭部にのみ影響を及ぼすため、全身の毛根が活性化されてもDHTの妨害により頭部の発毛が遅れて発現するためです。腕などの体毛が増えてきたら、いずれ髪の毛に発毛効果が現れるサインと考えることができます。 服用を中止すると1〜6ヶ月ほどで服用前と同じ状態に戻ります。 内服期間中は体重の変化に留意し、血圧チェックを行うようにしてください。 過剰に摂取すると、めまいや失神などの症状が起こることがあります。座ったり立ったりした状態から急に立ち上がらないようにしてください。 服用後は車の運転や機械操作は控えた方が良いでしょう。