アカルボース 通販ワールド
グルコバイアカルボース50mg

アカルボース(グルコバイ錠)50mgの有効成分

グルコバイ錠50mgの有効成分はアカルボースです。 1錠中にアカルボースとして50mgを配合しています。 アカルボースは、1973年にドイツ・バイエル社が放線菌の一種であるActinoplanes属のアミノ糖生産菌の培養液中から分離・精製した、αアミラーゼ及びαグルコシダーゼの阻害剤です。 小腸粘膜に存在するαグルコシダーゼという酵素は、食べ物に含まれている砂糖や炭水化物を、高血糖の原因であるブドウ糖に分解する働きをしています。アカルボースは、そのαグルコシダーゼの働きを阻害することで、ブドウ糖への分解を遅らせます。その結果として、ブドウ糖の体内への吸収がゆっくりになり、食後過の血糖値上昇が抑えられます。

アカルボースを日本のクリニックなどで手に入れる場合

日本でも病院からアカルボース(グルコバイ錠)を処方してもらうことができます。 日本の病院から、アカルボース(グルコバイ錠)を120錠処方してもらうのにかかるコストは、 病院の診察料や処方料:3,500~4,500円 グルコバイ錠の価格:1錠18円×120錠=2,160円 合計5,660~6,660円もかかります。 保険が適用されて3割負担になっても約1,700~2,000円かかります。

アカルボース(グルコバイ錠)の副作用

主な副作用として、放屁増加、腹部膨満、鼓腸(ガスがたまる)などが報告されています。このような症状が続いたら、医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。 異常な空腹感、冷や汗、手足のふるえ[低血糖] ひどい腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐[腸閉塞] 全身けん怠感、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害・黄疸] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

お薬コラム

review-customer りかゆ 2019.07.04 有名な薬なので安心感あり セイブルが切れたので、同等効果が見込めるグルコバイを購入。 高いけど仕事休んで病院に行く手間を考えると、こちらで購入出来て嬉しいです。 グルコバイ(アカルボース)25mg 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています review-customer ベストケンコー カスタマー 2018.08.22 ゼニカルと併用で使ってます。今のところ体重減少までは至ってませんが、パンや麺類を食べても現状維持の状態! 少し、運動を加えると成果が見えるかも…継続して頑張ってみます。50mgの錠剤があると助かります。 review-customer ベストケンコー カスタマー 2017.10.31 まだ目に見えた効果は感じないが、なんか良い気がする。 継続しようと思う。 review-customer ベストケンコー カスタマー 2017.02.23 効果はあります。 甘いものを食べた時、糖質が多いものを 食べた時にオススメです。 副作用は特にありませんでした